フードコーディネーターを目指している方に

仕事を始めたい方

料理

資格なしでも働ける

フードコーディネーターの仕事は、必ずしも資格が必要な仕事ではありません。独学で勉強することで、仕事を始める事ができるのです。食の仕事に従事し、専門的な知識を深めることで立派なフードコーディネーターになることができるでしょう。ですが、本格的に働くまでには、実力を認めてもらわなければならないでしょう。基本的に資格を取得している方が、仕事をしやすいと言えるのです。一般的には資格を取得してから、フードコーディネーターの仕事を始める方が多いでしょう。

専門学校を利用

フードコーディネーターになるために、最も多くの方が利用する方法が専門学校と言われています。専門学校では、フードコーディネーターの仕事をするのに必要な知識や技術をしっかりと身に付けることができるのです。入学に関して必要な資格も特にないでしょう。基本的に誰でもフードコーディネーターになるチャンスを掴めるのです。専門的な知識を学ぶことができるので、より効果的な勉強ができます。集中して勉強したい方には、専門学校で学ぶのがピッタリでしょう。

大学や短大

専門学校と同様に、大学や短大でフードコーディネーターになるための知識や技術を学ぶことができます。ただ、大学や短大の場合は、専門学校とは違って栄養学など特定の科目を専攻することが多いのです。その他の食品衛生学や調理技術に関する勉強は独学で行なう必要も出てきます。しかし、大卒の肩書を得ることができるのは大きな魅力です。また、最近では、フードコーディネーターとして独立する学生をサポートしてくれる大学も増えてきています。

資格を取る

フードコーディネイター資格認定試験に合格することで、フードコーディネイターとしての資格を取得することができます。近年、注目度が高まってきている資格です。一般的に専門学校や大学、短大などで知識や技術を学んでから試験に望むことが多いでしょう。通信講座を受講して勉強する方も増えてきています。中には、食に関わる仕事に従事しながら、勉強して試験を受ける方もいるのです。この試験には年齢制限はないので、自分のタイミングで試験を受けることができます。

アシスタントからスタート

フードコーディネイターを目指してる方の中には、現役のフードコーディネイターの下で働く方もいます。いち早く業界で働くことができるので、多くの経験を積むことができるのです。実際に現場で働いている方のアシスタントとして働けるので、学校では習わないようなことも学べるでしょう。現場で働くことで、様々な職業の方との人脈を作ることもできます。修行を積んで独立する際にとても役立ってくれるでしょう。いち早く現場を経験したい方に向いている働き方です。