フードコーディネーターについて

食の楽しみを提案

男女

メディアで活躍

テレビや雑誌などで活躍するのがフードコーディネーターです。とくに、お昼の情報番組などでは重宝されています。芸能人やアナウンサーが料理を作る際に、アシスタントとして登場するのです。料理の手順などを教えたりするのがメインの仕事になるでしょう。また、料理雑誌ではオリジナルのレシピを考えたりします。実力が高いフードコーディネーターの場合には、テレビや雑誌などのメディアで紹介される機会も増えてくるでしょう。注目度が高まるのです。

商品開発や企画

フードコーディネーターの中には、食品メーカーや飲食店などで働く方も数多く存在しています。一般的に商品開発などに参加するのです。仕事の内容としては、様々でマーケティングなどを行なうこともあるでしょう。消費者のニーズなどについて市場調査を行なうのです。宣伝方法についてもメーカーと一緒に考えます。また、レストランや飲食店などをプロデュースすることもあるでしょう。有名なフードコーディネーターがプロデュースすれば、とても話題になります。

企業のアドバイザー

商品開発やなどと似たような仕事になりますが、食品メーカーなどのアドバイザーとして働くフードコーディネーターも存在しています。食品メーカーなど、企業のアドバイザーになるには、十分な実績を積まなければなりません。世間的に名前が知られているフードコーディネーターがアドバイザーとして働いています。商品開発や企画に関わるのはもちろんのこと、経営コンサルティング業務にも関わることがあるでしょう。講演会や、全国各地に営業も行ないます。

料理教室

料理を作るのが好きな方の場合は、フードコーディネーターとして料理教室を開口することもあります。一般的に料理教室では定番の家庭料理など、基本的な料理を教えることが多いでしょう。中には、少し凝った料理を教えているフードコーディネーターもいます。個性的な方だと、テーブルコーディネートの方法なども紹介しているのです。また、専門学校などで講師を務めることもあります。非常勤講師として、料理の指導を行なうのです。色々な働き方がある仕事と言えるでしょう。

[PR]

フードコーディネーターになるなら専門学校に通おう!
沢山の人に食の楽しさを使えよう♪